施設・設備 | 星稜高等学校

施設・設備

 星稜高等学校は、生徒一人ひとりの目標に耳を傾け、その実現を徹底的にサポートします。本校のプロフィールとして、建学の精神をはじめ、教育体制や設備環境、スクールライフ等についてご紹介します。

 

図・写真をクリックすると拡大してご覧いただけます

校舎外観
校舎外観
校舎外観
校舎外観
和室
進路指導室
エレベーターホール
特別教室
コンピューター室
弓道場
稲置記念館
運動部寮
総合運動場
武道館
第一体育館
トレーニングセンター

第三体育館

ハンドボールコート

星稜食堂「サエラ」

図書室

 

充実した施設と設備の校舎

 これまでの学校の校舎にありがちな画一的な考え方から発想を転換し、新たなコンセプトのもとに設計し、建築しています。

 

校舎のデザインコンセプト

 校舎のデザイン構想として、「自然との対話と仲間との語らいを通して人生を見つめる目を育てる環境づくり」をコンセプトとしに具体的なデザインを指向しました。

  • 効率化などの規模のメリットを生かしながら、「ひとりひとりの心を大切に」する施設。
  • 管理を考慮しながらも「生徒中心」の施設。
  • 景観調和と「地球環境」対応型の施設。
  • 「自然と対話」のできる施設。
  • IT等の「情報の変化」に対応できる施設。

 

コンセプトを具体的に反映した各施設

7階建ての校舎

 中央の広場を中心に四方に伸びる廊下形式は、ホールに立つとほぼ全体に視野が通る管理の良さと同時に、彫刻のある広場と広い階段が「語らいの場」を提供してくれるように配慮。また、教室棟には大小さまざまな小広場があって、さまざまなコミュニケーションが出来るようになっています。

  • 個人ブース完備の学習室。
  • ゆとりの空間も充分な7階建て。エレベーター5基常時稼働。
  • 全館冷暖房完備。
  • 校内全体に光ファイバー網をめぐらし、インターネットに直接接続。
  • マルチメディア設備を備えた大講義室、図書室。

 

屋上コートのある第1体育館

 第1体育館では、巨大な空間を3つの部分に分け、その巨大さからくる恐怖感を軽減し、一人一人の心にやさしく入り込めるよう配慮しています。

  • バスケットボールコート3面の広さ。
  • 1周200m強のランニングロード完備。
  • 屋上にテニスコート4面。
  • 公式大会に使用可能。

 

人工芝のグラウンド
  • 人工芝仕上げの多目的グラウンド。
  • 砂塵の舞い上がりを防ぎ、周辺環境に配慮。
  • 転倒時の擦過傷がほとんどなく、クッション性にすぐれた生徒に優しいグラウンド。
  • 6基の夜間照明設備と10mの高さの防球ネットを完備。

 

 「自然と対話」のできる施設校舎各所の彫刻・モニュメントは、社会と人間の関係ばかりでなく、もっと広く視野を広げ、自己を確立し人生を深く考えるきっかけ作りとなるように、また心の癒しとなることを目的に配されています。それぞれの作品には、自然との対話によって人生の意味や命の意味にまで思いをめぐらせて欲しいとの思いが込められています。

 

校舎各階・各施設
 
屋上 屋上庭園
7F 1年教室、放送室、特別教室、音楽室1、音楽室2、芸術教室、コンピュータ室2
6F 1年教室、1年職員室、コンピュータ室、ネットワーク管理室、生徒指導室
5F 1,2年教室、特別教室、物理実験室、物理準備室、化学実験室、生物実験室、生物化学準備室
4F 2,3年教室、副校長室、2年職員室、調理室、被服室、和室
3F 2,3年教室、特別教室、3年職員室、進路指導室、進路相談室、大会議室、小会議室
2F Pコース教室、Cコース教室、図書室、学習室、購買
1F 校長室、事務室、保健室、中学教室、中学職員室、中学理科室、大教室
その他 第一体育館、第二体育館(2階建て)、第三体育館、屋内練習場、プール、武道館、弓道場、トレーニングセンター、吹奏楽部練習場、運動部寮、黎明寮