教育方針 | 星稜高等学校

教育方針

 学業はもちろん、礼儀正しさ、周囲への感謝、出会いから学ぼうとする謙虚な姿勢など、やがて社会に羽ばたくための人間性の基礎を培うことも学校の大きな使命です。建学の精神に基づいた教育方針と目標についてご紹介します。

 

建学の精神

誠実にして社会に役立つ人間の育成

教育方針


校長 干場 久男

 「知育」、「徳育」、「体育」のいずれにも偏向しないバランスのとれた教育活動をする。

 その上で生徒一人ひとりの個性と能力を引き出し、それをさらに伸ばす。生徒が主体的に学び、切磋琢磨できる環境を整える。建学の精神の「誠実にして社会に役立つ人間の育成」を決してぶれることのない縦糸として、生徒、保護者、教職員が横糸となり、その時代を反映した星稜の輝かしい歴史の1ページをつくる。

 良き伝統は継承し、さらに深化させて新しい星稜を目指す。

 

知識・理論・技能の錬磨につとめ、学力の充実をはかる。

情緒、人間性の醸成。一人一人を大切に心のふれあう学校、豊かな教養の向上を目指す。

体育・スポーツを通じ、心身の健全な育成につとめる。

 

目標

  1. 安全で安心して生活できる学校を目指す。
  2. 在校生、卒業生が愛校心・プライドのもてる学校を目指す。
  3. 保護者や社会から信頼され、地域から愛される学校を目指す。
  4. 中学生があこがれる学校を目指す。
  5. 知育・徳育・体育の充実した進学校を目指す。

 

五つの誓い

  • さわやかな挨拶をします。
  • 心身の鍛練につとめます。
  • すべての学習に最善を尽くします。
  • 責任のある行動に徹します。
  • 率先してよい環境をつくります。